WordPress初期設定後にやろう!サンプル投稿記事削除

WordPress初期設定も終え、
いよいよ実際に記事を少し操作します。

操作といっても削除を実行するだけですが、
この手順はこれからブログ記事を更新したり書き直したりするなかで
実際によく行う操作になりますので、事前練習と思ってやりましょう。

WordPressはインストールした時点で、
サンプルとして2記事公開状態になっています。

ひとつは「投稿」、もうひとつは「固定ページ」のサンプルになります。

いつまでも残していると、ずっと初心者と思われてしまい
アクセスが集まらなくなるので、すぐに削除しましょう。

まず「投稿記事削除」ではもっとも初心者の方向けの削除手順を解説します。

次の「固定ページ削除」では手早くできる削除方法を解説します。

どちらも流れややるべきことは同じなので、慣れればどちらで行っても
問題はありません。

では行動開始!

サンプル「投稿記事」削除方法

WordPress管理画面にログインしましょう。
画面左側の「投稿」をクリック。

投稿一覧画面になります。
すでに「Hello world!」という記事があります。

「Hello world!」にチェックを入れます。
上下の「タイトル」にも自動的にチェックが入りますが、問題はありません。

「一括操作」の右側にある下向き矢印をクリックすると
それぞれ選択肢が表示されるので「ゴミ箱へ移動」をクリックし、
「適用」をクリック。

上の赤枠に「1件の投稿をゴミ箱へ移動しました。」と表示され、
下の赤枠の「ゴミ箱」(1)と表示が出ます。
「Hello world!」は削除されたので黄色ラインのようにメッセージが出ます。
ただしこのままではゴミ箱内に削除記事がずっと残ります。
完全消去しましょう。「ゴミ箱」をクリック。

ゴミ箱画面へ移動しました。
「Hello world!」がありますね。チェックを入れます。

「一括操作」右側の矢印をクリックし、
「完全に削除する」をクリック。
「適用」をクリック。

「1件の投稿を永久に削除しました。」と表示されたら完了です。
黄色ラインのように「Hello world!」はもう表示されません。

これで「投稿削除」は終了です。

続いて「固定ページ削除」に入ります。

固定ページ削除解説ではもっと早い手順を紹介します。

サンプル「固定ページ」削除方法

ダッシュボード左側の「固定ページ」をクリック。

固定ページ一覧画面に入ります。
「サンプルページ」があります。
この「サンプルページ」にカーソルを合わせます。

カーソルを合わせると、「サンプルページ」の下に
4つの選択肢が表示されます。
「ゴミ箱へ移動」をクリック。

「サンプルページ」をゴミ箱へ移動したメッセージが出ます。
続いてゴミ箱へ移動したサンプルページを永久に削除します。
「ゴミ箱」をクリック。

ゴミ箱の画面に入ります。
「サンプルページ」にカーソルを合わせ
表示された「完全に削除する」をクリック。

「1件のページを永久に削除しました。」と出ます。
完全削除が完了しました。

これで「固定ページ」のサンプル削除方法は終了です。

まとめ

お疲れ様でした。

今回説明した手順は、これからも記事や固定ページを削除するときに
同じ手順で行うので、ぜひ覚えておきましょう。

さて、これでいよいよ記事を書ける状態にはなりました、

が、

まだ細かい設定があるんですね。

まだまだ必要な「プラグイン」のインストールがあります。

プラグインを入れておけば、後々のブログ運営がスムーズになります。

ちょいと「マジか!!面倒だな~」とお思いかもしれませんが、

将来のためにもう少し頑張りましょう!

これからおすすめのプラグインを紹介していきますね。

スポンサーリンク
このサイトについて
検索
このサイトについて
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて
検索